5以下

<8585> オリコ      14300<2060> フィードワン   1710<7971> 東リ       25800 <8291> 日産東HD    28600   <6632> JVCケンウ   31400<9306> 東陽倉      33100   <9535> 広ガス      34000 <8005> スクロール    34500   <7888> 三光合成     35300   <7004> 日立造      35400   <6742> 京三       38800   <7277> TBK      41500   <6428> オーイズミ    44800   <8999> グランディ    44800   <1890> 東洋建      45300<7972> イトーキ     45500   <8203> MrMax    46100 <7513> コジマ      47600   <6059> ウチヤマHD   4790<4220> リケンテクノ   49000  <9310> トランシティ   49900  

10以下

<5020> JXTG     48930   1.3 515000    3  4.9<8070> 東京産      49200  16.6  3000    3  6.6<5288> アジアパイル   52600   5.2  5100    4  6.2<6210> 洋機械      57300   2.9  2200    4  8.7<2418> ツカダGHD   58800   5.8  5560    3  9.0<1893> 五洋建      59200  11.0  29500    7  8.7<2734> サーラ      61700   6.9  6000    3  10.0<8593> 三菱Uリース   64300   7.3  94000    3  8.2<7745> A&D      71800  37.2  3680    5  6.5<8908> 毎コムネット   74000   5.5  2030    8  9.9<1879> 新日本建     74800   1.1  14700    8  4.3<5702> 大紀ア      75400   5.0  7480    7  5.7<8892> 日エスコン    77800   6.7  11200    8  6.8<3355> クリヤマHD   81800  18.2  3250    3  7.6<5805> 昭電線HD    83400   3.5  5800    3  5.5<7266> 今仙電機     89000  21.9  4500    3  5.8<6890> フェローテク   91800   0.5  8100    6  7.2<7438> コンドー     92400   1.4  4080    10  9.0<7205> 日野自      94200   3.7  87000    3  9.7<5933> アルインコ    94500   1.3  3350    3  9.4<1942> 関電工      97400   9.1  33600    7  9.2<6237> イワキポンプ   99400   0.8  2869    5  9.8

5マンイカ

5万円以下の<4714> リソー教育   32.59  18.1   3000  20/02  46000<2353> 日本駐車場   31.13   6.0   4400  20/07  17000<4651> サニックス   30.02  53.1   1810  20/03  36000<8897> タカラレーベ  17.87  30.7  11800  20/03  40000<3169> ミサワ     17.77   5.3   378  20/01  44100<3963> シンクロ    17.67   0.4   690  20/03  47200<1726> Br.HD   17.52  20.1   1700  20/03  35000<6538> キャリインデ  17.41   3.5   805  20/03  45300<7187> ジェイリース  16.38   4.3   220  20/03  30600<1873> 日本ハウス   16.16   184   5000  19/10  46400<6093> エスクロAJ  15.58  48.7   589  20/02  22100<3467> アグレ都市   14.40  38.6   503  20/03  42100<6727> ワコム     14.38  24.6   5170  20/03  33500<2749> JPHD    13.67  19.8   2300  20/03  27300<5020> JXTG    12.12   1.3  515000  20/03  45430<3666> テクノスJ   12.04   0.2   850  20/03  50000<1890> 東洋建     10.59  10.3   8900  20/03  42200<8999> グランディ   10.56   3.4   3400  20/03  44600<2060> フィードワン  10.10  18.7   5300  20/03  15500

5万以下

<1443> 技研HD    東2   22700    58.8   6.8
<4366> ダイトーケミ  東2   29900    64.9   9.2
<9685> KYCOM   JQ   34000    50.6   9.6
<5816> オーナンバ   東2   36400    53.6   8.3
<6307> サンセイ    東2   38100    55.2   9.9

<7863> 平賀      JQ   39500    50.8   5.6
<5386> 鶴弥      東2   40900    69.9   9.2
<9845> パーカー    東2   41000    57.1   4.1
<6964> サンコー    東2   41800    70.8   8.2
<2754> 東葛HD    JQ   42900    65.2   7.6

<8298> ファミリー   JQ   43400    54.7   4.7
<7927> ムトー精工   JQ   45900    50.0   7.3
<9029> ヒガシ21   東2   46000    57.1   9.9
<7315> IJTT    東2   49300    59.3   3.9
<4234> サンエー化研  JQ   50000    56.4   7.6

上方

上方修正“先回り”
<3671> ソフトMAX   454   112    59    13 26.2
<3663> アートSHD   304   259   252    83 85.6
<3649> ファインデ    142   113   285    201 56.2
<8029> ルックHD    107   86.4   639    600  3.8
<3852> サイバーコム   101   95.6   266    264 36.0
<9702> アイエスビー   98.0   68.2   490    500 14.6
<1663> K&Oエナジ   94.1   66.8   2071   2200 21.4
<3630> 電算システム   93.9   62.7   783    834 26.2
<6143> ソディック    86.7   37.6   2168   2500  9.3
<3683> サイバーリン   83.9   63.5   187    223 15.5

<2384> SBSHD    82.9   37.6   3729   4500 12.6
<2311> エプコ      79.6   42.7   113    142 29.8
<6789> ロランドDG   79.4   37.7   794   1000 16.0 ★
<1429> 日本アクア    79.3   44.4   357    450 22.7
<2124> ジェイエイシ   77.6   48.7   2110   2720 22.3
<4221> 大倉工      74.3   33.1   1152   1550  7.9
<9749> 富士ソフト    71.3   54.6   3995   5600 22.0
<2169> CDS      71.1   59.1   436    613 10.2
<4286> レッグス     68.5   37.3   274    400 23.6 ★
<9416> ビジョン     68.1   60.1   980   1439 39.3

<9631> 東急レク     67.3   36.5   436    648 32.3
<8914> エリアリンク   65.9   46.6   1177   1785  8.3
<4812> ISID     65.3   57.5   2567   3930 19.7 ★
<6099> エラン      64.9   54.9   435    670 55.3 ★
<6376> 日機装      64.2   17.5   1927   3000 13.1
<2266> 六甲バタ     63.4   43.6   958   1510 25.3
<7841> 遠藤製作所    61.1   22.8   196    321  6.6 ★
<5105> TOYO     60.7   46.9   9406   15500  9.1

良さげ

システム情報 <3677>
独立系システムインテグレーターで金融業界や通信業界向けを中心にソフトの受託開発。ソフトウェアの迅速な開発を目的とした手法「アジャイル開発」が注目されるなか、昨年9月からこのアジャイル開発を総合的にサポートするサービスを提供。業績面もAIを活用したコグニティブサービスやRPA、クラウド、サイバーセキュリテイー分野などの案件が伸び、急成長路線。
19年9月期営業利益は前期比27%増の12億5000万円を計画、20年9月期も2ケタ成長トレンドに変化。4月1日につけた986.5円(分割後修正値)が上場来高値だが、ここを上抜けば戻り売り圧力から解放された青空圏を走ることになり、上昇余地は見た目以上に大


東邦システムサイエンス <4333>
金融系に強いシステム構築会社で富士通などをはじめ大手IT企業との連携。業績も19年3月期の15%営業増益に続き、20年3月期も2ケタ近い伸長を見込むなど好調。また、筆頭株主光通信 <9435> であり、昨年来買い増しを続けている点は注目される。システム構築力を強化してAIやIoTなどの技術を活用した案件獲得を推進、大型案件の獲得が進んでおり、非金融系でも医療分野などの需要を開拓している。企業のIT投資意欲を背景としたクラウドや電装化が進む車載システム開発など成長分野で顧客獲得に力を入れていく構えにある。来期以降も増収増益基調が続く公算大で15倍前後のPERと2.6%前後の配当利回りは見直しが必至だ。株式需給面で信用買い残は枯れた状態にあり、動き出せば想定以上に快足を発揮するタイプの銘柄といえる。<急騰性5・中期的上値余地4>


北陸電気工業 <6989>
1000円大台を前にしてのもみ合いは絶好の仕込み場とみたい。日々の出来高は薄いが人気素地は十分、信用買い残も枯れており動意づけば上値の軽さを浮き彫りにしよう。スマートフォンなど情報端末向けモジュール製品を主力とする電子部品メーカーだが、世界で初めて微小電気機械素子(MEMS)の量産に成功するなどその高技術力に定評がある。最近は車載向けが伸びて収益に貢献している。自動車のエレクトロニクス武装が進展するなか、CASEや5G対応の次世代技術を調査する事業開発戦略部を新設、独自のテクノロジーを駆使して付加価値の高い新デバイス開発に傾注する構えをみせる。技術をウリにしている会社ながら、バリュー株としての特性も際立つ。PER9倍前後、PBR0.6倍台、配当利回り3%台はあまりに割安といえる。仮に1株純資産レベルまで買われたとして株価は1500円台という高みに到達する。<急騰性4・中期的上値余地4>


MCJ <6670>
強力な戻り足を形成しているが、上昇トレンド構築はここからが本番となろう。株価は5月大型連休明けから値を崩したが、600円台後半で売り物をこなし、6月相場で出直りが急となっている。同社はパソコン関連製品の受注生産を手掛けネットで直販している。「マウス」ブランドは「乃木坂46」を起用したテレビCM効果などもあって消費者に浸透している。モニター販売が好調を持続、これはデジタルサイネージの提案営業で欧州を中心に需要開拓が進んでいるためだ。19年3月期は営業利益段階で前の期比14%増の96億8800万円と2ケタ成長を達成し、20年3月期も4%増の101億1000万円予想と増益トレンドが続く見通し。会社側見通しは保守的で期中に上方修正の可能性がある。戻り足は急だが日足陽線が多く、継続的な実需買いの跡をうかがわせる。PERは依然として11倍前後と割安感がある。<急騰性3・中期的上値余地3>


システム ディ <3804> [JQ]
6月10日にマドを開けてストップ高に買われ、その後も600円台後半から700円台前半で売り物を吸収、上昇第2ステージに向けたエネルギーを蓄えている。早晩ここを上に放れ、昨年12月の急落前の戻り高値水準850円近辺をうかがう展開が想定される。同社は学校法人やスポーツクラブ向けなどを中心に特定業種に特化したソフトウェアを開発販売しているが、業績は高成長路線をまい進、16年10月期から18年10月期まで3年間の年間平均成長率は営業利益ベースで約39%という高さを誇る。今期(19年10月期)もパッケージソフトの高品質などが寄与して前期比13%増と2ケタ成長をキープする見込み。次世代学園ソリューションの「CampusPlan Smart」はAIやIoTなど「ソサエティー5.0」に対応したもので、時流に乗る形で市場開拓が期待されている。<急騰性3・中期的上値余地4>


エヌエフ回路設計ブロック <6864> [JQ]
底練りから浮上の気配をみせており、目が離せない場面だ。電子計測器開発で抜群の商品競争力を有し、積極的な新製品投入効果もあって業績は好調、19年3月期は営業利益段階で29%増の14億2400万円と3割近い伸びを確保した。20年3月期は5%増の15億円予想と成長が続く見通し。蓄電関連市場の拡大が続くなか、電源装置の製造能力強化のため山口県に新工場を増設して需要に対応する計画。同社は量子コンピューター関連としても注目度が高い。日米両政府は量子技術分野での連携を強化する方針を確認しており、安倍政権は中核拠点の新設に向けた検討を進めるとともに、「量子技術イノベーション戦略」を策定する方針にある。そのなか同社は、量子コンピューターの研究開発に必要とされる世界最高レベルの信号増幅装置を手掛けていることが材料視されている。<急騰性5・中期的上値余地3>


アイ・ピー・エス <4390> [東証M]
時価1000円近辺は中長期的にみても大底圏となる可能性がある。同社は通信分野でフィリピンを主要ビジネスエリアとする異色企業だ。ベトナムやフィリピン、カンボジアなど成長途上のアジア地域に経営の重心を置く企業が、今の株式市場で成長の隠れテーマとなっており、同社はその代表格の一社。フィリピンの通信事業は売上高拡大が続いている。CATV用国際回線やブロードバンドが投資回収期に入っており、今後の成長を牽引しそうだ。6月21日には、子会社が同国で「5G」に使う周波数の割り当てを受けており、同国での商用化を目指す。近い将来に5G分野での先行者メリットが鮮明化されよう。一方、医療・美容事業では好採算のレーシックが業績の牽引役を担っている。同社で特筆されるのはここ数年来、トップライン、利益ともに目を見張る伸びをみせていることだ。経常利益は17年3月期に前の期比2.4倍と急拡大、これを皮切りに18年3月期は6割増、19年3月期は鈍化したとはいえ2割強の増益、そして20年3月期も11億9000万円とほぼ2割の増益を見込む。<急騰性4・中期的上値余地4>

5以下

金額   比率   PBR

<5563> 新日本電工    19900   64.9  0.43

<5363> TYK      29900   66.2  0.48

<1914> 日基技      35700   74.3  0.41

<1921> 巴        36400   57.1  0.46

<7277> TBK      38400   55.2  0.37

<4997> 日農薬      41400   54.0  0.57

<6853> 共和電      42000   66.3  0.75

<9412> スカパーJ    42300   58.9  0.57

<8692> だいこう     44200   60.0  0.46

<7618> PCデポ     44300   71.7  0.92

<8881> 日神不動     44700   53.3  0.38

<5358> イソライト    45300   63.8  0.87